監督のゴードン・ストラカン

セルティックの監督には、05−06シーズンからゴードン・ストラカンが就任しています。

「中村俊輔獲得に動いた男」として日本でもサッカーファンの間では有名なのではないでしょうか。
では、彼は一体どのような監督なのでしょうか?

現役時代はセルティックでのプレー期間こそないものの、様々なクラブでプレーし、そのプレースタイルは右サイドの技巧派プレイヤーとして知られています。

スコットランド代表でも50キャップを重ねた実績があります。

実はストラカンは、小学生の時にペンを右目に突き刺し、視力障害を負い、失明状態だったそうです。
しかし現役時代は、その事実を隠し続けたままプレイを続け、イングランド年間最優秀選手を獲得。

それだけにとどまらず、スコットランドサッカー協会殿堂という栄誉を獲得するほどの選手になりました。
当然、片目が半盲でこれらの栄誉を手にした選手は、ストラカンただ一人です。

現役引退後は、プレミアリーグ・サウサンプトン監督を経て、05−06シーズンからセルティックの監督に就任。
就任後は、わずか1年でリーグ戦優勝と欧州CL出場権獲得を果たします。
翌06−07シーズンも、2位レンジャーズに圧倒的大差をつけて首位独走。

そのまま大差を維持し、リーグ連覇を達成しました。
このシーズンのCL予選では、マンチェスターユナイテッドをホームで撃破するなど、見事CLベスト16に進出します。

これらの手腕が評価され、06年、07年に2年連続国内最優秀監督賞を受賞しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10896155