セルティックの歩み(1990年代後半)

セルティックの1990年代後半の略歴はこんな感じでした。

1997年:
70年にミラノで開催されたヨーロピアン杯において、皮肉にもセルティックを下したフェイエノールトのコーチであるビム・ヤンセンがトミー・バーンズに代わって監督に就任しました。
ヤンセン率いるセルティックは、アイブロックスパークでのコカコーラがスポンサーの大会にて、ダンディーユナイテッドを下し、チームを15年ぶりのリーグ杯優勝に導きました。

1998年:ヤンセンは引き続きクラブを指揮し、88年以来となる久々のスコティッシュリーグ杯獲得を果たします。

そして、セルティックの記録である9連続タイトル獲得をライバル・レンジャーズから守りきりました。

しかし、ヤンセンはすぐ直後に監督を辞任し、今度は国際試合の経験豊富なコーチであり、チェコスロバキア監督でもあった、ジョゼフ・ベングロシュが新監督に就任することに。

1999年:マッカンが5か年計画を終了して、4月に辞職。
そして、元ブリティッシュエアロスペース代表取締役だったアラン・マクドナルドが最高責任者に就任します。

この数ヵ月後、ベングロシュは退団し、元イングランド代表プレーヤーであったジョーン・バーンズが新監督に就任することに。

バーンズは、元セルティック選手であるケニー・ダルグリッシュの下で、ヘッドコーチの任務を引き受けて、その後、人事担当主幹に就任します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10896159