セルティックの歩み(1990年代前半)

セルティックの1990年代前半の略歴です。

1991年:リアム・ブレイディーがビリー・マクニールに代わって監督の座を引き継ぐことに。

彼はクラブの長い伝統を打ち破る、クラブの歴史で初のセルティックの元プレーヤーでない監督になります。

1993年:セルティックの元プレーヤー、ルー・マカリがリアム・ブレイディーに代わって監督に就任する。

1994年:
海外在住ビジネスマンとセルティックのサポーターであるファーガス・マッカンは、セルティックと縁のある役員を含んだ重役を追い出し、経済的負担を伴ったクラブの経営権を獲得することに。

この直後、元セルティックプレーヤーのトミー・バーンズがルー・マカリに代わって監督に就任します。
そして、マッカンの5か年計画に従って、セルティックは公開有限会社として再度構成することになる。

クラブの発展に続いて、財政再建に1万人が最低で620ポンドの投資を引き受けて、1400万ポンドを寄与するといった、イギリスサッカー史上で最も成功した株式発行となります。

1995年:
セルティックパークの改築工事(動員収容数は60500人で全着席タイプ)の第一段階が行われる94〜95年のシーズン中、ホームの試合はハンプデン・パークで行うことに。

スコティッシュ杯決勝では、エアードリオニアンズを制し、30度目の栄光に輝き、また、1989年以来となるトロフィーを獲得し、「スタジアムからの追放」は終了しました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10896160