セルティックの歩み(1980年代)

セルティックのこれまでの歩みを簡単にですが見ていきましょう。
今回は1980年代のセルティックの歴史について書いてみますね。

1983年:元セルティックのプレーヤーであるデイビッド・ヘイがビリー・マクニールに代わって監督の座を引き継ぐことに。

1985年:ハンプデンパークにて開催された記念すべき100回目のスコティッシュ杯の決勝において、ダンディー・ユナイテッドを下して見事優勝を果たす。

1986年:チャンピオンシップ大会最終日にハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)を僅差で振り切り、優勝を成し遂げます。

ラブ・ストリートでセルティックはセント・ミレンに5−0で大勝し、一方、ハーツはデンズ・パークで後半にダンディーから2点を奪われてしまい、結果、セルティックがゴール差で優勝を飾る。

1987年:デビッド・ヘイに代わってビリー・マクニールが再度監督に就任することに。

1988年:クラブ創設100周年にあたるシーズンを11年ぶりに「2冠」達成で祝福。
これで実に35回目のリーグタイトルと28回目のスコティッシュ杯獲得となります。

1989年:ジョー・ミラーのゴールで宿敵レンジャーズを1−0で制し、29回目のスコティッシュ杯獲得を果たします。

ついにクラブは100周年を記録しますが、この年代も相変わらずの強さを発揮していますね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10896161