セルティックの歩み(1950〜60年代)

1950〜60年代のセルティックの略歴を書いてみます。

1953年:コロネーション杯で、ハイバーニアンを下し優勝。
この大会にはスコットランド、イングランドのベストクラブが招待され、決勝戦には117,000人の動員があったようです。

本当に桁違いの動員ですね・・・。

1956年:セルティックはパトリック・シスルに勝利し、念願のリーグ杯初制覇を果たします。

1957年:リーグ杯決勝で、レンジャーズに7−1で圧勝するという結果でタイトルを維持します。

1964年:2度目のヨーロッパ大会参戦のヨーロピアンカップウィナーズ杯において、準決勝まで勝ち進むも、MTKブダペストに2試合トータルスコア3−4で敗退。

1965年3月;ジミー・マクグローリーからジョック・ステインが新監督に就任し、スコティッシュ杯決勝を制し、11年ぶりにクラブを優勝へと導きました。

ビリー・マクニールのヘディングシュートが劇的な決勝点となり、ダンファームリンを3−2で下しました。

1966年:12年ぶりにチャンピオンシップ獲得を果たし、また、カップ・ウィナーズ杯準決勝まで再び勝ち進むも、2試合トータルスコア1−2でリバプールの前に敗れてしまいます。

1967年:
出場した5つの大会において全て優勝という、クラブ史上最も栄光あるシーズンを終えます。

シーズンのクライマックスは、5月25日にエスタディオ・ナシオナル(リスボン)で開催されたヨーロピアン杯決勝で、インテル・ミランに勝利したことです。

セルティックは、欧州で最も熱望されていたトロフィーを手にしたイギリスで初のチーム(ラテン以外)となりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10896163