元セルティックの名選手ジミー・ジョンストン

セルティックにかつて在籍していたジミー・ジョンストンという名選手を知っていますか?

それでは、02年9月にセルティックサポーターのオンライン投票で、「セルティックで史上最も偉大な選手」にも選ばれた彼について少し紹介してみます。

ジョンストンは1944年にスコットランド・グラスゴーの南に位置するアディングストンに生まれ、1961年にセルティックの選手になりました。

1965年にジョック・ステインが監督に就任してからは、メキメキ頭角を現すようになります。

そして、ジョンストンはセルティックを66年から74年までなんと9年連続でリーグ優勝に導きます。

ジョンストンは数多くの素晴らしい試合をしましたが、彼が絶大な信頼を得ているのはライバルのレンジャーズ戦で大活躍をするからです。

結局、ジョンストンは515試合もの試合出場を果たし、ゴールは129得点を数えました。

75年にセルティックを退団し、その後も複数のクラブでプレーをしましたが、セルティック時代が彼の最盛期だったといえるでしょう。

ジョンストンはプレーヤーとしても偉大でしたが、引退後もそのユーモア溢れる人柄で、たくさんのセルティックサポーターに愛されました。

その後、運動神経系障害で、06年3月にジョンストンはその生涯を閉じます。

同年3月にCIS杯決勝で勝利し、その優勝セレモニーにおいて、セルティックの選手全員がジョンストンがつけていた背番号7をつけてカップを受け取りました。

このことからも彼がいかに愛されていたかが分かりますね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10896166