元セルティック名プレーヤーのラーション

その長い歴史の中で、セルティックからたくさんの名選手が生まれました。
ヘンリク・ラーションもそのひとりです。

ラーションは1971年9月20日にスウェーデンのヘルシンボルグに生まれました。
地元のチームでプレーしたあと、93年にオランダ・フェイエノールトに移籍し、その後1997年にセルティックのプレーヤーとなりました。

そして、04年にスペイン・バルセロナに移籍するまで、7年間で通算315試合出場242得点という驚異的な成績を残したのです。

ラーションのセルティックの選手としての初ゴールは、実はハイバーニアンとのデビュー戦でのオウンゴールでした。

交代選手としてピッチに登場した直後、相手選手にボールをパスしてしまい、スコアされてしまったんです。

それでもラーションの得点力は瞬く間に認知され、当時レンジャーズの全盛期であったスコットランドリーグにおいて、1998年に10年ぶりにセルティックをリーグ制覇に導きました。

99年11月には、足を骨折する大怪我を負ってしまいますが、辛抱強くリハビリに励み、翌年に見事チームへの復帰を果たします。

そして新マネジャーのマーティン・オニールのもとで、セルティックはスコティッシュプレミア、リーグ杯、CIS杯の三冠を成し遂げることとなりました。

その後、ラーションはファンの涙を背に感じつつ(ラーション自身もラスト試合の後、涙を見せた)、04年にバルセロナに移籍しました。

ちなみにゴール後に飛行機のごとく両手を広げるパフォーマンス、そして、舌出しパフォーマンスはラーションのトレードマークです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10896176