セルティックFCとは

セルティックFCは、世界中にサポータズクラブがあって、世界中に熱狂的なサポーターがいることで有名なチームです。

日本のサポータズクラブは、東京CSC(セルティック・サポーターズ・クラブ)が2001年7月に発足していて、アイリッシュパブなどに集まって試合観戦しています。

日本でも随分馴染みのあるクラブチームになってきましたが、セルティックはどのようなチームなのでしょうか?

では、簡単にですが、セルティックというクラブについて紹介してみますね。

まず、クラブの正式名称は、CelticFootballClubといいます。
そして、The Hoops. The Bhoysという愛称があります。

ホームタウンは、スコットランドのグラスゴー。
設立は1888年で100年を超える歴史がある名門チームです。

ホームスタジアムは、セルティックパーク。
通称パラダイスとも呼びます。

収容人数は6万832人収容と非常に大きいスタジアムです。
このスタジアムに1938年のレンジャーズ戦では92000人、その前年のスコティッシュカップでは何と14万7千人のサポーターが詰め掛けたそうです。

収容人数をかなり越えているのですがどうような状況だったんですかね。

クラブカラーは、白とエメラルドグリーンの横縞模様です。
カラーに関してはもうお馴染みですね。

クラブの代表者はブライアン・クイン氏で、現在の監督はゴードン・ストラカン氏です。

ユニフォームメーカーはナイキで、ユニフォームスポンサーの「CARLING]はビールの会社です。
先日、契約が2010年まで延長されました。

スポンサーは、ナイキ、CARLING、T-Mobille、UK、SANYOなどです。

このような感じです。
歴史と伝統のある世界レベルの人気クラブであることは間違いありませんね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10896181